JKもJDもOLも食べろ

スマホの普及により一気にいろいろな出会い系アプリが登場しました。

女子高生も大学生もオトナの女性もいろんな人が登録していて、もちろんそういった人はセックスがしたくて登録している人が多いのでどんどん積極的に使っていくのがいいです。

ただ、スマホの出会い系アプリはポイント制が基本なのでポイントを購入しなければなりません。なので、ポイントを食べようとする業者には注意しましょう。

私は出会い系スマホアプリで女子大生を4人ほど食べることに成功しました。
私は35歳のおじさんですが、最近の女の子はテレビの歳の差結婚とかの影響か分かりませんが、年上の男性をすんなりうけいれてくれます。
なので、女子大生はお金もないし、少しお金を見せるだけでよってきます。
まずは職業に大学生と書いてある女の子にメッセージを送ります。そして、連絡がかえってこれば、どんどん積極的に連絡をとります。
こちらから会いたいと伝えましょう。まずはご飯に行ってみたいと連絡します。

相手がセックス希望とかであればいきなりセックスしたいとか送っても大丈夫ですが、そうでないときはご飯から誘ってどんどん距離を縮めましょう。私はそれでものすごい清楚な女の子と合体することができました。

最初会った時絶対やってくれないなと思ったので何度もデートを重ねて付き合ってと伝えて付きあえてからセックスしました。

もちろんセックスしてから別れましたが、電話番号などを伝えると粘着されたりするので、サブのラインアカウントなどがあるとよいです。

円満にセフレを作る3つの手順

男性の方はどうしても性欲が満たされないときがあると思います。

高いお金を払って風俗に行くのももったいないですよね?そんな時にセックスフレンドがいれば、助かります。では、最近流行りのチャット形式のアプリでセックスフレンドを作る際に重要な手順を紹介いたします。

タイトルにもありましたが、この方法で大切なのは3つです。

(円満なセックスフレンドを作り、その関係を持続させる場合の方法になります)

たくさんの人にアダルトな内容を含まない&個々にあった友達申請送る

これは営業職などでもいえることですが、出会いの数が少なければお話にもなりません。まず数を増やすために、相手のプロフを確認し個々にあった友達申請を送りましょう。

(友達と登録する子も多いためコピメは厳禁です)さらに通報機能がついているアプリも多いので、いきなりアダルトな用語を含むと通報され強制退会などになりかねませんのでそちらもお気を付けください。

軽くラリーをした後に、ストレートに発言してみる

※ここは重要です。最初は世間話で自分と相手のプロフィールを交換し、相手に変な人ではないということを認識してもらいます。

ある程度情報交換が終わった後に、ストレートにセフレ探しだと伝えましょう。その際の手順ですが、なぜ出会いアプリに登録しているのかを聞いてみましょう。

大半の女性はここで、「暇つぶし」、「友達探し」、「恋人探し」と答えますが、これはあくまでも自分のセフレ探しを発言するための布石ですので、相手の回答は関係ありません。

次にいよいよ自分が伝える場合ですが、相手に聞いた際に聞き返された場合と聞き返されない場合がありますが、

両方とも「実は不純かもしれないけどセフレ探しなんだよね(笑)」と前後にクッションを入れつつストレートに伝えましょう。そうすれば引かれる確率と通報される確率がぐっと下がります。

その際、「でも○○はそういうの興味なさそうだよね」と否定的な一言を添えましょう。これをしたうえで反応が悪い子は、肯定してきますのでそのような子はここで切ります。

ここで反応が悪くない子には思い切ってアプローチしてください。

実際に会った際のアプローチ相手を嘘でもあいしてあげましょう

そうすれば円満に長く続くと思います。

短いですがこれを踏まえて一度実戦してみてくださいね^^

Facebook連動系の出会い系アプリ

私が女性とサクッと出会って目的を果たしたい時はFacebookと連動している出会い系のアプリのTinderというアプリをよく使います。

理由はサクラのようなものがなくお金もかからず、素人っぽい子と出会える確率が高いからです。

プロフィール写真はFacebookやInsatgramから抽出される形で載せられるのですが、この時の写真が一番重要になります。正直プロフィールの文言などはどうでも良いです。

なぜならこのTinderアプリの仕組みが画面上に登録者の異性の写真が現れ、それに対し気に入ったか気に入らないか選択し、そこで双方一致したらプライベートにチャットが可能になるという仕組みです。

写真が重要だからと言ってもちろん別人の写真を使ってはいけません。まずはスマホで自分の写真を撮り、そこにひと手間加えるのです。

具体的にラインカメラなどのアプリで、顔が少し太めの人は心持ち少しすっきりさせ、ホクロやシミの多い人はそれ消すという作業です。最後に明るさを調整してしまいです。

これ以上は実際に会ったときの失望が多く、逆に成功率が下がるのでダメです。私はこうしたやり方で今まで、面白いようにマッチしています。

このマッチにもコツがあって、こちらが気に入ったボタンを押す時に選ばずに機械的に全員に押しちゃう方が効率的です。というのも吟味して選んでいると、自ずとマッチ率が低くなるからです。

マッチングした後に解除する機能があるので、マッチングが分かった後に許容範囲の相手だけを残して残りは解除したら良いのです。あとはLINEきいてアポとって会ってうまくやれば終わりです。

このやり方で私はかなりの数の女性とTinderで遊びことができました。